こんにちは。西所沢バランス接骨院の鳴川です。
今回はテニスで起こるスポーツ障害についてお話しさせていただきます。

痛めやすい部位の話

まず、スポーツ障害発生の原因は何かというと
◯筋力の不足、不均衡
◯柔軟性の欠如、過度の柔軟性
◯骨格のアライメント異常
◯間違ったトレーニング方法や使い過ぎ
◯準備体操、練習後のケア不足
◯用具等の不適
◯年齢、性別
などが考えられます。

テニスに関しては、ノンコンタクトスポーツであるため傷害の頻度は比較的少ないと言われていますが、生涯スポーツとして幅広い年齢層・レベルで行われているため、それぞれの環境に応じて状況は変わります。

では、テニスで一番起こりやすい障害はどこか?
やはり肘が多いですね。
テニス肘という言葉、この名前は皆様も聞いたことがあると思いますが、実はテニス肘には2種類あるのです。

テニス肘には2種類ある

◯外側上顆炎
前腕の伸筋腱群(手首や指を伸ばす筋肉、腱)の使い過ぎによって、肘の外側上顆部の筋肉や腱が炎症や損傷を起こしたもので、いわゆるバックハンドで起こりやすい症状です。

◯内側上顆炎
フォアハンドストロークによって肘の内側に付く筋肉、腱が炎症を起こしたものであり、トップスピンのフォアを多様する選手に多い症状です。

どちらも予防としては、まず練習前のウォームアップ、ストレッチやジョギング等で身体を温めて筋肉や関節を柔軟にしておく事が大切です。練習後にも、クールダウンとして運動によって興奮した身体を鎮め、疲労回復を促すためにストレッチやアイシングを行いましょう。

自分に合った靴やラケットの選択、そして過度な負担がかからないようフォームを見直していく事も大切です。

これらが不足した状態で問題が生じたままプレーを続けると、症状は悪化する一方で最悪手術なんて事も…。

いつまでもテニスを楽しむためには、日々のケアが必要不可欠です。

当院では、ケガの処置は勿論、筋力強化やアライメント調整を含めご相談を承ります。テニス以外でも気になる症状や悩みがあれば、是非とも治療にお越しください。