脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とは頚椎ないし腰椎に生じることが多い疾患で、中高年に多く見られるといわれています。骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで脊柱管が狭くなることで脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状が引き起こります。

脊柱管狭窄症の原因と症状

脊柱管狭窄症が起こる原因については、背骨に存在する神経の通り道である脊柱管が加齢による骨や靭帯などの変性によって狭くなることが挙げられます。症状については、頚椎に生じた場合には手足のしびれや運動障害を自覚するようになります。

日常生活では字が書きにくい、ボタンが掛けにくいなどの上肢の症状に加えて、歩きにくさやふらつき、階段の上り下りが難しいなどの下肢の症状もあらわれます。

腰椎の場合、腰から下にしびれが現れ、歩いているとお尻や足に痛み・しびれを感じます。休憩をとると楽になりますが、再度歩きだすと再び痛みが出るといった間欠跛行と呼ばれる症状が特徴的です。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

当院では丁寧なカウンセリングを基に、痛む箇所と痛みの原因を把握いたします。これまでの確かな実績から安心して受けられる施術を提供し、患者様の痛みを改善していきます。

どこに行っても改善されなかったという方も、西所沢バランス接骨院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

つらい身体の痛みや不調でお悩みなら
お電話かWEBフォームよりご連絡下さい。

西所沢バランス接骨院

へのご予約・お問い合わせ