坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は腰から下肢にかけて痛みを感じる症状の総称で、原因についてはそのもととなる病気によって様々です。中年期から高齢期にかけて症状が出ることが多いですが、若いうちに発症するケースもあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を引き起こす疾患のうち、最も多いとされているのは椎間板ヘルニアです。これは脊椎を構成する椎骨の間にある椎間板という軟骨組織が変形し、本来の位置から飛び出すようなかたちで神経を圧迫するというものです。

その他、脊椎すべり症や脊椎狭窄なども原因となり得ますが、いずれも脊椎が変性して神経を圧迫するという点で共通しています。

変性の原因は加齢・打撲・重い荷物を持ち上げるなどの肉体的負担の蓄積などが挙げられます。なお、女性においては子宮筋腫・卵巣嚢腫・妊娠などが神経を圧迫して発症することもあります。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状については、実際に坐骨神経が通っている場所、すなわち腰から脚にかけての痛みがその典型的なものとなります。特に、おしりから足の外側や後ろ側にかけての痛みを訴えるケースが目立ちます。

しびれを伴うこともあります。症状の出るタイミングは、動いた時、長時間立ちっぱなしの時、常時痛みが引かないなど人によってさまざまです。

坐骨神経痛でお悩みの方は当院にお任せください

辛い坐骨神経痛の痛みは当院にお任せください。

確かな実績とここでしか受けれないオリジナルの施術で痛みの早期改善を目指します。どこに行っても改善されなかったという方も諦める前に西所沢バランス接骨院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

つらい身体の痛みや不調でお悩みなら
お電話かWEBフォームよりご連絡下さい。

西所沢バランス接骨院

へのご予約・お問い合わせ